林浩のコミュニケーション用のブログとして開設しました。


by pasthh





a0350215_17231159.jpg
〇2017.11.06 [petpetart作者の視点][「墨に学ぶ その二]を追加しました
〇2017.11.01 [petpetart作者の視点][「墨に学ぶ]を追加しました
〇2017.10.16 [petpetart作者の視点][「似る」ということその⑥「似る」を検証するその四]を追加しました。
〇2017.10.06 [petpetart作者の視点][「似る」ということその⑤「似る」を検証するその三]を追加しました。
〇2017.09.16 [petpetart作者の視点][「似る」ということその④「似る」を検証するその二]を追加しました。
〇2017.09.03 [petpetart作者の視点][「似る」ということその③]追加しました。
〇2017.08.26 [petpetart作者の視点][「似る」ということその②]追加しました。
〇2017.08.19 [petpetart作者の視点][「似る」ということその①]を追加しました。
〇2017.07.10 [petpetart作者の視点]「質問に答える」付記02を追加しました。
〇2017.07.01 [petpetart作者の視点]「質問に答える」付記01を追加しました。
〇2017.06.23 [petpetart作者の視点]「質問に答える」part02を追加しました。
〇2017.06.17 [petpetart作者の視点]「質問に答える」part01を追加しました。
〇2017.06.09 [petpetart作者の視点]「ちょっと途方に暮れそうになった話」part03完結篇を追加しました。
〇2017.06.03 [petpetart作者の視点]「ちょっと途方に暮れそうになった話」part02を追加しました。
〇2017.05.26 [petpetart作者の視点]「ちょっと途方に暮れそうになった話」を追加しました。
〇2017.05.20 [petpetart作者の視点]を間借りさせました。
〇2016.05.11 [添い遂げる本]に「震災と添い遂げる本」追加しました。
〇2016.03.14 [side/main street]に「書いてはみたものの」を追加しました。
〇2016.03.01 [便利屋雑感]に「想像力の対決」を追加しました。

〇2016.02.29 [添い遂げる本]に「ドラゴンヘッド」を追加しました。
〇2016.02.22 コンテンツに[便利屋雑感]を追加しました。

開設して数日で50名以上の方にいらして頂きありがとうございます。今後新しいカテゴリーの開設とページの内容の充実に努めていきたいと思います。現在のところカテゴリーは自作についてのコメント[installation work]、美術指導経験を通して考えたことについて書いている[教えるということ]、興味のある書籍について書いている[添い遂げる本]のみですが、今後自作に関しては[print work]のカテゴリーを開設する予定です。興味をお持ちの方は下のCONTENTのところをクリックして下さい。今後ともよろしくお願いいたします。  林 浩

CONTENT
●[installation work]  コチラをクリックして下さい
●[添い遂げる本]コチラをクリックして下さい
●[教えるということ]コチラをクリックして下さい
●[便利屋雑感]コチラをクリックして下さい
●[side/main street]コチラをクリックして下さい
●[petpetart作者の視点]こちらをクリックしてください


[PR]
# by pasthh | 2017-12-31 17:29 | あいさつ | Trackback | Comments(2)

墨に学ぶ その二

●墨に学ぶ その二

前回、墨の効用(?)について少し書いたけれど、それに味を占めて色々と試してみたくなりました。そこで、以前に上手くいかなかったものがひょっとして化けたりしないか、というスケベ根性で加筆を試みたことをレポートしよう思います。最近は水彩画の「スピードラーニング」と称して生徒さんと一緒に描いたり、ライブペインティングをやったりしています。モチーフはネットから拾ってきた写真や生徒さんが持参された写真が主です。下の左はそういう流れの中で描いたものですが、気に入らないので加筆したものが右です。

a0350215_13084306.jpg

まず、建物の開口部とゴンドラのところに墨の黒を入れてみたのですが、明らかに「飛び」ました。わかっていたことではあるけれど、墨の黒ベタは強力です。明度のバランスを合わせるだけでは不十分で壁の堅牢さの表現が足りないように感じました。後付けでひとつ手を付ければ仕事は芋づる式に増えていくのは当たり前です。結果的に良くなることを期待して続けるしかありません。見てわかる通りほとんどのところに手を入れたことになります。墨の黒の部分に当たる視線が不安定になるまで、つまり物ではなく空間になるまで描き込んだことになります。写真では判りにくいと思いますが、光の表現など良くなったところはいくつかあると思います。



[PR]
# by pasthh | 2017-11-06 13:09 | pet pet art 作者の視点 | Trackback | Comments(0)