林浩のコミュニケーション用のブログとして開設しました。


by pasthh





a0350215_17231159.jpg

・2018.09.16 CONTENT[昨日思ったこと]に「仏壇の効用」を追加しました。こちらをクリック
・2018.09.12 CONTENT[昨日思ったこと]に「とりあえず無題」を追加しました。こちらをクリック
・2018.07.14 CONTENT[昨日思ったこと]に「欲求指数」を追加しました。こちらをクリック
・2018.07.01 CONTENT[昨日思ったこと]に「自慢させて頂きます」を追加しました。こちらをクリック
・2018.06.29 CONTENT[昨日思ったこと]に「非力な協力」を追加しました。こちらをクリック
・2018.06.19 CONTENT[昨日思ったこと]に「ちょっと…。」を追加しました。こちらをクリック
・2018.06.16 CONTENT[昨日思ったこと]に「三種の武器」を追加しました。こちらをクリック
・2018.05.13 CONTENT[昨日思ったこと]に「味について」を追加しました。こちらをクリック
・2018.04.30 CONTENT[昨日思ったこと]に「フィット感」を追加しました。こちらをクリック
・2018.04.29 CONTENT[昨日思ったこと]に「ジンクス」を追加しました。こちらをクリック
・2018.04.24 CONTENT[petpetart作者の視点]に「絵画であること」を追加しました。こちらをクリック
・2018.04.15 CONTENT[petpetart作者の視点]に「制作日誌:中尾ノンの場合 その五」を追加しました。こちらをクリック
・2018.04.03 CONTENT[petpetart作者の視点]に「制作日誌:中尾ノンの場合 その四」を追加しました。こちらをクリック
・2018.03.23 CONTENT[petpetart作者の視点]に「制作日誌:中尾ノンの場合 その三」を追加しました。こちらをクリック

・2018.03.21 CONTENT[side/main street]に「出自という捏造」を追加しました。こちらをクリック
・2018.03.20 CONTENT[[昨日思ったこと]に「忘れ上手」を追加しました。こちらをクリック
・2018.03.15 CONTENT[petpetart作者の視点]に「制作日誌:中尾ノンの場合 その二」を追加しました。こちらをクリック
・2018.03.09 CONTENT[petpetart作者の視点]に「制作日誌:中尾ノンの場合 その一」を追加しました。こちらをクリック
・2018.03.08 CONTENT[[昨日思ったこと]に「怠惰へのグラデーション」を追加しました。こちらをクリック
・2018.03.05 CONTENT[side/main street]に「侵蝕」を追加しました。こちらをクリック
・2018.03.01 CONTENT[side/main street]に「落し物」を追加しました。こちらをクリック



CONTENT
●[installation work]  コチラをクリックして下さい
●[添い遂げる本]コチラをクリックして下さい
●[教えるということ]コチラをクリックして下さい
●[便利屋雑感]コチラをクリックして下さい
●[side/main street]コチラをクリックして下さい
●[petpetart作者の視点]こちらをクリックしてください
●[昨日思ったこと]こちらをクリックしてください


[PR]
# by pasthh | 2019-12-31 17:29 | あいさつ | Trackback | Comments(2)

仏壇の効用

●仏壇の効用

幼い頃の話である。母の実家は農家で、家と家の境界線など明瞭な境目はなく、そこの出入りに関しても人の感性がルールを作っているようなところだった。人の良識を生活から自然に学ぶことのできる時代だったと思う。

そこに見知らぬ男性が訪ねて来て、もし昨日か一昨日(おととい)の新聞があるなら読みたいので貰えないかと言う。物乞いの類であると判断した叔父が新聞と小銭を渡したところ、その人はしばらく考えて御礼を述べ、「このお金は頂いたものですから私の自由に使わせて頂きます。どうぞ、御宅の仏壇に上げておいて下さい。」と、その新聞だけを持って立ち去ったという。

「わかっとる人だった…。」と叔父が反省しているのがちょっと可笑しかった。

仏壇が上手に役回りを果たしている。先に書いた虚無僧も巡礼もそうであるが、宗教的なものが元の形からずれているにも拘わらず人の生活の中に適切な場所を得ている良い例である。どのような宗教も自らを正当化する教義を持っている。しかし、その説得力はそれらが放つ偉大な光の強さの中にあるのだろうか。むしろ、長い時間をかけてそれらが形を変え、また形をなくし人の生活の中にひっそりと住まうようになった時初めて宗教として生きるのではないか。その抱擁力が人の感性に自然に働くことで宗教はその役割を果たすような気がする。それが仏典も聖書も要らない本来の形であると思う。


[PR]
# by pasthh | 2018-09-16 00:15 | 昨日思ったこと | Trackback | Comments(0)